わくわくドキドキまとめーる

わくわくドキドキまとめーるは2chまとめブログです。
面白スレ・芸能ニュース・面白画像など
わくわくドキドキするようなスレをお届けします!(^^)!

    タグ:#カトパン


    加藤綾子、『Mフェア』代役司会終了 産休明け仲間由紀恵とバトンタッチ|オリコンニュース|徳島新聞 - 徳島新聞
    フリーアナウンサーの加藤綾子が23日の放送をもって、昨年5月から担当していたフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)の代役司会を終えた。


    仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年〈昭和54年〉10月30日 - )は、日本の女優、タレント。沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優の田中哲司。 日出女子学園高等学校出身。 兄3人姉1人の5人兄弟の末っ子。 普通自動車免許、スキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格を持つ。特技は琉球舞踊で、技能は師範代レベル。
    63キロバイト (7,405 語) - 2019年2月13日 (水) 13:58





    復帰早々・・・
    大変でしょうね・・・

    1 悪魔のいけにえ ★ :2019/02/25(月) 18:43:48.67 ID:86l6888N9.net

    昨年5月から産休のため「ミュージックフェア」(フジテレビ系)の司会を加藤綾子アナに替わってもらっていた仲間由紀恵。3月2日放送回から復帰することとなり、2月23日放送回のラストで、加藤アナからのバトンタッチセレモニーが放送された。

     このセレモニーは今月初旬に収録されたというが、この映像に驚きの声があがっているという。

    「昨年6月に双子の男の子を出産した仲間は、出産前と変わらぬ美貌で登場。ネット上では『この美しさで双子のママとは!』『39歳には見えない若さがスゴイ』『並んでる33歳カトパンが霞んで見える』など称賛の声が多くあがっていました。

    ところが、そんな中、一部からは『カトパンより背が小さいのに顔がデカイ』『カトパンの顔が小さすぎるか、それとも仲間の顔が大きいのか』『仲間とカトパンが同じ位置に並んでるとは思えない。仲間の顔が前に飛び出してる感じ』など、仲間の顔の大きさを指摘する声も続々とあがっていました。
    仲間の顔については、2014年度上半期放送の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)でも、小顔で現代的なシュッとした体型の吉高由里子演じるはなと仲間演じる蓮子が並ぶと『遠近感が狂う』『同世代に生きている女性に見えないくらい体型バランスが違いすぎる』などの声がありましたからね」(女性誌記者)

     まあ、昭和を感じる体型バランスだからこそ、おっとりした牧歌的なムードを仲間から感じることができるのかも。

    https://www.asagei.com/122332








    【【仲間由紀恵】 びっくり‼「ミュージックフェア」でカトパンと並んだばっかりに・・・判明した顔のサイズ】の続きを読む


    加藤綾子、椿原アナの結婚に祝意
    加藤綾子、椿原アナの結婚に祝意  asahi.com
    (出典:asahi.com)


    加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。 埼玉県三郷市出身。身長166cm。 家族は両親と2歳上の兄。 国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。LE
    45キロバイト (6,503 語) - 2018年10月13日 (土) 18:38



    (出典 i.ytimg.com)



    【☆彡【芸能】・・・納得⁈〈カトパン〉私生活は眼鏡でバッチリ変装も「声でバレちゃうんです」(≧▽≦)】の続きを読む


    カトパンの結婚、祖母も高島彩もマツコも心配
    カトパンの結婚、祖母も高島彩もマツコも心配  ニコニコニュース
    (出典:ニコニコニュース)


    加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。 埼玉県三郷市出身。身長166cm。 家族は両親と2歳上の兄。 国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。LE
    43キロバイト (6,205 語) - 2018年8月4日 (土) 00:01



    (出典 media-groove.com)


    待ってました!・・・・・・

    【☆彡【カトパン】インスタ開始、ファンから歓喜の声(≧▽≦)】の続きを読む

    このページのトップヘ