復活を遂げたマクドナルド 減収が続くモスバーガーに必要な施策は - livedoor
マクドナルドは消費者参加型の施策などが奏功し、倒産の危機から復活した。モスバーガーは他店の台頭で「高価格」のイメージが希薄となり、減収が続く。マクドナルドと ...



- 日本航空の主要国際線機内で出されるAIRシリーズの第5弾として、前年のエアモスバーガーに続く「AIR MOS ライスバーガー」を同日から提供開始。2012年8月31日までの限定。 11月13日 - モスライスバーガーのメニューを入れ替え。 2013年 6月6日 -
42キロバイト (4,899 語) - 2019年2月12日 (火) 23:28






モスバーガーは食べにくい・・・
子供が一緒だとマックを利用してしまいます・・・

1 僕らなら ★ :2019/02/25(月) 13:08:41.83

一時は倒産の危機まで囁かれていたものの、2018年12月期の全店売上高が5242億円と、大きく落ち込む以前の水準を上回り、完全復活を遂げた日本マクドナルド。一方、かつてはその高品質ぶりで人気を得ていたモスバーガーは、2018年8月に起きた食中毒事件以降、大幅な減収が続き「どん底状態」に喘いでいます。何が両社の明暗を分けたのでしょうか?

https://www.mag2.com/p/news/387814









【【ハンバーガー】なぜ⁈ 「どん底モスバーガー」と「完全復活マクドナルド」明暗を分けた理由とは?】の続きを読む