わくわくドキドキまとめーる

わくわくドキドキまとめーるは2chまとめブログです。
面白スレ・芸能ニュース・面白画像など
わくわくドキドキするようなスレをお届けします!(^^)!

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技


    王者マクドネルの母国メディア「BBC」も井上の圧倒的有利を主張

     プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。正規王者の母国、英公共放送「BBC」ではこのタイトルマッチのプレビューを企画。解説者は満場一致で「The Monster」の絶対優位を主張している。

     ドバイで2週間の直前キャンプを行い、状態には絶対の自信を持っているというマクドネルだが、母国の専門家は王者に肩入れせず。井上優位を主張している。

    「才能溢れる日本人ファイターと対決することは巨大な難題だ。私にとって、イノウエは地球上で最も見たいと思うファイターの1人なのだ」

     こう分析しているのはBBCのボクシング担当、マイク・コステロ氏だ。マクドネルではなく、圧倒的な強さを誇るボクサー井上に魅了されていると告白している。

     5月12日にマディソンスクエアガーデンでWBA世界ライト級タイトルマッチで3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(帝拳)との死闘を制した「ハイテク(精密機械)」こと、世界最強王者とも呼ばれるワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を引き合いを出し、井上を強さを高く評価している。

    「我々はワシル・ロマチェンコについて何度も話題にしている。彼は7試合で2階級制覇を果たしたが、イノウエはそれを8試合で実現しているのだ」

     アマチュア時代に圧倒的な戦績を誇るロマチェンコに2階級制覇の最速記録は破られたが、実績が井上の強さを物語るとコステロ氏は主張している。

    「マクドネルがこの一戦をもぎ取るなら、英国人ボクサーによるアウェーでの対戦史でトップ5に入る」

     一方、同局でボクシング解説者を務めるスティーブ・ブルース氏も井上優位は動かないと分析している。

    「歴史的には、勝つことが困難な場所だ。もしも、ジェイミー・マクドネルがこの一戦をもぎ取ることができれば、英国人ボクサーによるアウェーでの対戦史でトップ5に入るだろう」

     敵地東京に乗り込んで、17階級のボクサーを比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で7位に選出される実力者を倒すことができれば、英国ボクシング界に刻まれる偉業になると、ブルース氏は指摘。ボクシングが盛んな英国の歴史を振り返っても、王者マクドネルの前にそびえている井上の壁はあまりに高いというのだ。

    「ジェイミー・マクドネルが世界王座を勝ち取ってから5年。彼は敵地で戦い、注目されず、アンダーカードに埋れてきた。もしも、勝つことができれば、この青年に対する認識を我々は変える必要がある」

     10年無敗にも関わらず、英国のボクシングファンからの人気が高くないというマクドネル。モンスター退治で人気上昇を目論むマクドネルを、井上は強烈無比なキラーショットで返り討ちにし、3階級制覇を果たすことができるのだろうか。決戦のゴングはまもなくだ。(THE ANSWER編集部)

    前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    女子プロレスラー浜田文子、覚醒剤使用容疑で逮捕、担当弁護士「申し訳ないと凄く泣いている」 - スポーツ報知
    女子プロレスラーの浜田文子(37)が覚醒剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されたことが16日までに分かった。 所属する女子プロレス「WAVE」が15日の試合後に発表した。団体の公式ホームページでは、二上美紀子社長(49)がリング上で明かした談話を公開。それによると ...
    (出典:スポーツ報知)


    浜田 文子(はまだ あやこ、1981年2月14日 - )は、メキシコ出身の女子プロレスラーである。 プロレスラーのグラン浜田を父に持ち、姉のソチ浜田もプロレスラーである。 本名Ayako Valentina Hamada Villarreal(アヤコ・バレンティナ・ハマダ・ビヤレアル。スペイン
    11キロバイト (1,248 語) - 2018年5月15日 (火) 19:48



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【【女子プロレスラー】浜田文子、覚醒剤使用で逮捕 名レスラー・グラン浜田の娘 所属団体WAVEは契約解除の方針】の続きを読む

    このページのトップヘ