わくわくドキドキまとめーる

わくわくドキドキまとめーるは2chまとめブログです。
面白スレ・芸能ニュース・面白画像など
わくわくドキドキするようなスレをお届けします!(^^)!

    カテゴリ: 芸能


    元KAT-TUN田口、脱退理由は「リアルな自分の人生を歩きたかった」 - livedoor
    元KAT-TUNの田口淳之介(32)が28日、読売テレビ「特盛!よしもと」で、2016年3月のKAT-TUN脱退後、初めてバラエティー番組に出演した。 田口は「自分自身のやりたいことだったり生きたい生き方だったりとか。やはり夢を売る職業だと思うんです、アイドルって。(アイドルではなく)リアルな自分の30歳の田口淳之介って ...
    (出典:livedoor)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/04/10(月) 12:37:47.56 ID:CAP_USER9.net

    2016年3月末にジャニーズ事務所を退所した元KAT-TUNの田口淳之介が、4月5日発売のシングル「Connect(コネクト)」でメジャーデビューした。

    田口はスポーツ紙の取材に応じ、事務所を辞めた理由やKAT-TUNメンバーのこと、交際が噂されている女優・小嶺麗奈とのことなどを語っている。

    事務所にとどまり、ソロ活動という選択はなかったのか、という質問に対しては「選べる立場ではなかった」と言い、
    「ソロでやりたいから退所したわけではない」と明かした。
    そして「組織とは違う別の方向に行く決意をした」と退所理由を語っている。

    また、メンバーとは「連絡は取っていない」と語り、その理由は「自分のことでいっぱい、いっぱい」だったからだそうだ。 
    さらに、結婚についても聞かれ、「そこはゆくゆく」と言葉を濁している。

    このインタビュー記事が出たことで注目されたのが、亀梨和也が出演した4月3日放送の「しゃべくり007SP」(日本テレビ系)。
    かつて同番組で亀梨が田口に対し「まんまと辞めやがった」とこぼした発言が、再び蒸し返されたのだ。

    「亀梨にしてみれば、田口に裏切られたという思いがあるのでしょう。
    また、田口のインタビューでKAT-TUNに対して他人事のように話していたのには、ちょっと驚きました。
    まだ語ることのできない、根深い何かがあったのでは、と思いました」(芸能記者)

    赤西仁、田中聖、田口と脱退者が相次ぎ、現在は活動休止に追い込まれてしまったKAT-TUN。グループ内のしこりは、想像以上に深刻だったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1299002/
    2017.04.10 10:15 アサジョ


    【【芸能】KAT−TUNとは連絡すら取らず…田口淳之介インタビューでわかった根深い確執】の続きを読む



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)



    1 このもん :2018/04/16(月) 19:49:06.68 ID:CAP_USER9.net

    元恵比寿マスカッツ川村りか、子宮頸部腺がん告白

     「恵比寿マスカッツ」のメンバーとして活躍した元グラビアアイドルの川村りか(35)が、子宮頸部(けいぶ)腺がんを患っていることを公表した。

     川村は16日、ブログを更新。3月中旬に高熱や不正出血等の症状があり病院を受診したところ、腎盂(じんう)腎炎と診断され、治療を受けたという。しかしその後、別の病院で再び検査を受け、「その結果、私の体の中からがんが見つかりました。子宮頸部腺がん。という病名です」と明かした。

     ステージは、「極めて2に近いステージ1」とのことで、来週にも広汎子宮全摘出術を受ける予定だという。

     16年に結婚し、1児の母である川村は「内心、、、、グッチャグチャです。やっぱりもう1人産みたかったー! 泣きそうになるのは悲しい先のことを考える時だから、とりあえず思考停止。っていうのを繰り返してます」と苦しい胸中を吐露。「とにかく、手術頑張ります!」とつづった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804160000575.html


    【【芸能】元恵比寿マスカッツ川村りか、子宮頸部腺がん告白】の続きを読む


    『中谷美紀』についてまとめてみた




    【『中谷美紀』についてまとめてみた】の続きを読む


    『あなたには帰る家がある』についてまとめてみた




    【『あなたには帰る家がある』】の続きを読む


    『あなたには帰る家がある』木村多江の演技が主演・中谷美紀を喰う!? “不倫を楽しむ”姿が怖すぎる!  | ニコニコニュース



     中谷美紀主演のドラマ『あなたには帰る家がある』の第2話が4月20日に放送され、平均視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.2ポイントダウンしてしまいました。

     同時間帯に日本テレビでは、2017年邦画興行収入ランキング第1位を獲得した映画『名探偵コナン から紅の恋歌』が放送されており、それを考慮すると、この視聴率は良かったのかもしれません。

     では、今回もあらすじから振り返ってみましょう!

    (これまでのレビューはこちらから)

    ■不審な行動をとる秀明に浮気を疑い始める真弓……

     妻である佐藤真弓(中谷美紀)との13回目の結婚記念日に、顧客である茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)の妻・綾子(木村多江)とホテルで一線を越えてしまった秀明(玉木宏)。真弓は、遅く帰ってくるなり、よそよそしい秀明の様子に疑いを持ち、友人で同僚の由紀(笛木裕子)に相談したところ、「絶対に浮気している」と断言され、不安になってしまう。

     一方、秀明は行きつけのカレーショップで綾子との情事を思い返し、マスターの圭介(駿河太郎)から「今ならまだ引き返せる。忘れろ!」と忠告される。

     秀明が家に帰ると、真弓はウェブサイトで見つけた「夫にする浮気チェックリスト」をさっそく試してみた。すると、ところどころ当たっている節があり、さらに不安に……。しかし、次の日の夜に秀明から久しぶりの夫婦水入らずのデートを提案され、真弓は嬉しさからその不安も吹っ飛ぶ。

     デート当日、真弓との待ち合わせ場所に行こうとする秀明のもとに、綾子から「すぐに相談したいことがあって、来てほしい」との電話がかかってくる。動揺する秀明は真弓とのデートに向かうも「仕事で戻らないといけない」と言い残し、その場を去っていってしまった。

     すぐさま、綾子に指定された喫茶店に向かった秀明。だが実は、太郎が呼べと綾子に命令し、設計図に文句を付けるために呼び出しただけだった。家に帰ると真弓はカンカンに怒っており険悪なムードに。娘の麗奈(桜井ひより)からも「ママの気持ちも考えて!」と注意されてしまう。

     数日後、麗奈の中学生になって初めての陸上大会が行われ、ひとり娘を応援する真弓。すると、そこに「仕事で行けない」と言っていた秀明が現れた。「これからはちゃんとする」との秀明の言葉を聞いて、今までのことを忘れようとする真弓。しかし、家に帰り送られてきた秀明のクレジットカード明細を見て愕然。そこにはホテル代金が書かれており、再び浮気を疑い始めるのだった、というのが第2話でした。

    ■コミカル演出が逆にスリリングさを引き立たせる!

     前回に引き続き「不倫」という重い題材を扱う分、コミカルな演出が多めでとても見やすいのが同ドラマ。上戸彩主演の不倫ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)とは、違ったスリリングな展開が大人の女性の心を鷲掴みしてくれます。

     第2話で言うと、特に真弓が秀明の浮気を疑うも、秀明の「ちゃんとするから」との一言に「まあ、いっか!」と思ってしまうところが、なんとも滑稽で面白い。その後、夫のクレジットカード明細を見て愕然とするという描写が引き立ち、「え~、どうなるの~! 気になる~」という気持ちにさせてくれます。

     しかし、そのコミカル演出が逆に怖さを引き立てる部分も。冒頭で必ず、真弓が優しい口調で秀明の裏切りの行動を説明するというところや、いつも前向きで元気な真弓だからこそ、今後浮気を知って、どういった復讐をするのかと考えると、ゾクゾクとさせてくれます。

     原作では、現実では笑えないようなとんでもないシリアスな展開が待ち構えているのですが、このコミカル演出のおかげで、よりいっそう楽しめそう。

     また、秀明の頭の中が単純すぎて面白い。“浮気相手を思い出して上の空”“浮気相手からの電話にワクワクする”などの「クズ夫」描写に笑ってしまいます。男性からは「夫をバカにしている」「夫はそんなんじゃない!」と怒られそうですが、女性の視点は鋭い。「残念ですが、そういう風に見えているんですよ」とだけ言っておきます(笑)。

    ■「前科あり!?」と疑いたくなる木村多江の演技に脱帽!

     第2話でもやはり、秀明の不倫相手・綾子役の木村多江の演技は素晴らしかったです。この役のために生まれてきたのかと思うくらいばっちりハマっています。

     真弓目線で見ると、夫の浮気相手ですから嫌いになりそうですが、偏屈な性格の太郎に従って生きている嫁というだけで、かわいそう過ぎて……(涙)。ううっ、嫌いになれない!

     ただ、第2話を見て思ってしまったことは、「綾子よ、もしかして不倫、初めてではないな!?」ということ。まるで経験者のように危険な情事を楽しんでいるように見えたのです。極めつきは第2話最後の「たまにでいいの……。だから、奥さんと呼ばないで。名前で呼んで」という綾子が秀明に向けて言うセリフ。あの幸薄顔でこんなこと言われたら、“ドキッ”としてしまうのも無理はない。ハマってしまう男性の気持ちもわかります。

     原作では綾子のとんでもない秘密についても触れているのですが、その部分を木村がどのように演じきるのか。期待できそうです。

    ■目を引く小ネタ演出が面白い!

     前回のレビューの際には、触れなかったのですが、同ドラマには小ネタ的な演出が入っています。第1話では、13日の結婚記念日に秀明が綾子とホテルに行くのですが、そのホテルの部屋番号が「1313」。さらに、この部屋のカードキーを秀明が落とすという演出で、視聴者側の不安をますます掻き立ててくれました。

     そして今回は、「笑い」の小ネタが。浮気を疑いだした真弓は、ネットで浮気している夫の行為について調べるのですが、アクセスした先というのが、読売新聞社が運営するウェブサイト「発言小町」。実際このウェブサイトを覗くと、主婦からの質問がたくさん。主婦の強い味方なのでしょう。ネットでも「おお、『発言小町』が登場した(笑)」という主婦からの声が上がっており、笑いを引き出していたようです。

     今後もこういった小ネタ的演出がたくさん出てくるかと思うので、注目してみるのもいいかもしれません。

     以上、第2話のレビューでした。

     第3話は、佐藤家と茄子田家が合同バーベキュー! 秀明や真弓は太郎と仕事上で面識がありますが、真弓と綾子は初対面。その上、真弓は綾子が秀明の浮気相手とは知らず……。さあ、どんな展開になるのでしょうか! 放送をお楽しみに。

    (文=どらまっ子KOROちゃん)

    『あなたには帰る家がある』公式ホームページより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『あなたには帰る家がある』木村多江の演技が主演・中谷美紀を喰う!? “不倫を楽しむ”姿が怖すぎる!  | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ